FX初心者はトレードで無料の売買シグナルを活用しましょう

プログラムの知識がある人は以前からソフトを使用して、
売買シグナルを自作、トレードの自動化をしていましたが、
今は初心者でも簡単に設定して、自動売買を始められます。
有料の自動売買ソフトからメタトレーダーのような無料のソフトになり、
ミラートレーダーのように、数百のストラテジーから選ぶだけに。
FXシステムトレードは、ここ数年で大きく進んでいるんじゃないでしょうか。
ただ、初心者の方は自動売買だけでなく、
売買シグナルを利用してトレードしたほうが良いと思います。

裁量トレードの経験は必要

そもそも裁量トレードの経験は必要だと思います。
投資で必要なリスク管理、資金管理能力を身につけるために。
利益を上げている人が多いからと、
初心者が自動売買から始めるのはおすすめしません。
裁量トレードでも、自動売買のようなシステムトレードでも、
証拠金との兼ね合いでポジション量を調節したり、
損切りしたりするのは、自分でやる必要があります。
FXにかぎらず株式投資なんかも同じですよね。
「よくわからないから、その辺のマネジメントもまかせたい」
もしそう考えるのであれば、投資信託のような、
プロに完全に運用を一任する資産運用をしたほうが良いでしょう。

相場観を養うためにはトレードの過程が大事

リスク管理や資金管理能力を養うには、
自分で考えながら裁量トレードをおこなうことが一番です。
相場観を養うことも同じです。
何を材料にポジションを持って、何を判断として決済したか。
利益が出たとしても、損失が出たとしても、
相場観を養うためには、その過程が大事なんだと考えます。
そういう点でも初心者が自動売買から始めるのは、
避けたほうが良いのかなと。
自動売買のプログラムはロジックを公開していないものが多く、
どういう考え方で売買しているか、私たちはわかりません。
過程がなくて損益という結果だけ。
だから、初心者でも簡単に始められるんですが、
トレードの過程はわからないので、
相場観を養う経験にはならないのです。

売買シグナルで効率的に相場観UP

裁量トレードで経験を積むことで相場観は養われていくと思いますが、
効率的にするために売買シグナルを活用しましょう。
もちろん、過程を知るためにはロジックが公開されている必要があるので、
FX業者提供の売買シグナルが良いですね。
おすすめは、セントラル短資FXの「FXライブ!」です。

移動平均線やRSI、MACDといった単一のテクニカル指標を使った、
シンプルな売買シグナルばかりです。
すごい有益なトレード手法というわけではありません。
でも、どういう意図で利益を狙うために作った売買シグナルで、
実際にどういう相場で利益が出るか、損失が出るかが、
初心者でもわかりやすいと思います。
「FXライブ!」は口座開設すれば無料で使えますし、
売買シグナル以外に情報コンテンツも充実しているので、
試してみると良いでしょう。
セントラル短資FXで口座開設

初心者向けメニュー

FX比較メニュー