自動売買は利益、勝ちを意識しすぎると失敗する

FX自動売買システムを利用してシステムトレードをおこなっている人の中でも、勝てない人はいるでしょう。
メタトレーダーのような自作プログラムで運用するものとは違い、ミラートレーダーのような提供されているプログラムの中から選ぶ自動売買ソフトを利用している場合は、大きな差は出なさそうだと思う人もいるかもしれません。
でも、同じようなプログラムを選んでいるのに、うまくいく人もいれば失敗する人もいます。

期間損益や勝率でプログラムを選んでしまう

失敗する原因の1つに、期間損益や勝率だけでプログラムを選んでしまうことがあると思います。
利益に目を向けた選び方が間違っているわけではありません。バックテストで利益の出ていないプログラムを選ぶと、判断できるデータからは損失を出す可能性が高いと言えますから、利益が出ているプログラムを選ぶのは当たり前ですよね。
問題なのは、期間損益や勝率だけでプログラムを選んでしまうこと。利益や勝ちを意識しすぎることです。

将来的にも同じパフォーマンスになるとはかぎらない

将来的にもバックテストと同じ結果になるとはかぎらないことは、自動売買を利用する前提として認識しなければいけません。
大きな利益を出しているから、勝率が100%に近いからといった理由だけでプログラムを選んだ。実際に運用してみると、バックテストとは正反対で負けトレードが続き、損失が積みあがっていく……。普通に起こりえます。
そうなった場合に、「利益が出ると思ったから選んだのに、イマイチなプログラムだ」と、運用をやめてしまうのは避けないといけませんね。負けが続いたらすぐやめるを繰り返すと、負けのところばかりを拾う形になり、結局トータルでも負けてしまうと思います。
トータルで見ると安定して利益を出すプログラムの一時的なマイナス局面なのか。逆に、バックテストの期間だけ、たまたま利益が出ていたプログラムなのか。バックテストのデータをもとに判断して、継続するかやめるかを判断しないといけません。

自動売買で失敗しないために

1つは、バックテストのトレード回数が多いデータをプログラム選びに使うこと。絶対に同じパフォーマンスになるわけではありませんが、かけ離れた運用結果になる可能性は極力減らすことができます。
損失が出る場合のデータに着目することも、失敗しないために必要です。具体的には、MAXドローダウンは見るようにしましょう。
MAXドローダウンは、バックテスト期間中に発生した資産の最大の下げ幅。期間損益しか見ずにプログラムを選んでしまうと、負けが続くとおかしいとすぐに利用をやめてしまうかもしれません。でも、MAXドローダウンを把握していれば、損失が上回らないかぎりは、想定内と判断することが可能です。
また、そのプログラムを運用開始した時にその下げとあたってしまうかもしれません。ですから、少なくともMAXドローダウンでも耐えられる資金で運用する必要はありますね。
複数のプログラムを走らせる場合は、個々のプログラムだけでなく、同時に運用した場合のMAXドローダウンも確認するようにしましょう。損益の波が一致するわけはなく、お互いにマイナス局面をカバーしあっているかもしれません。
自動売買で失敗しないために、うまくいっていない人は試してみてはいかがでしょうか。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー