シストレのプログラム選びは「最大ドローダウン」に注目

売買シグナルや自動売買ツールを無料で提供しているFX業者がたくさんあります。一部を自動売買で運用しているという人も多いのではないでしょうか。

自動売買を利用している人は、売買プログラムをどのように選んでるのでしょうか?

勝率○%とか年間利益○○pipsと利益に注目を集める紹介のされ方が多いので、ついついそういった部分に目がいってしまうかもしれません。でも、利益や勝率を重視してしまうのは怖いものがあります。

カーブフィッティングの可能性

紹介されている売買プログラムでは、カーブフィッティング、つまりバックテストの期間で収益を最適化するように調整されている可能性があります。

一時期テクニカルツールの期間や損切り・利食い幅の数値を入れ替えられるように作ったエクセルを使って、テクニカル分析のバックテストをしていました。いろいろと数値を変えてみると、パフォーマンスはかなり違ってきます。

でも、そのプログラムを他の期間に当てはめてみると……もとの期間との運用結果のかい離が大きいものも。こういったプログラムは実用に耐えられるかというと難しいですよね。

利益面に注目しすぎると、このようなプログラムを採用してしまう可能性があります。

波の荒いプログラムは実用的ではない

また、実用的ではないのは、波の荒いプログラムもかなと。

複数の売買プログラムでポートフォリオを組み、波がなだらかになれば問題ありません。でも、単体で使ったり、ポートフォリオを組んでも波が荒いままだと、実際に運用すると途中の凹み具合に耐えられなくなるかもしれません。

運用の途中で証拠金が半減している場面があったり、含み損で有効証拠金がロスカットすれすれまでいっていたり・・・。メンタル面できついというだけでなく、証拠金が含み損に耐えられずにロスカットされてしまうと、想定どおりのパフォーマンスになることはないですしね。

最大ドローダウンに注目する

システムトレードでは最初に売買プログラムを採用するだけでなく、途中で継続するかどうかを判断する時にプログラムを評価しなければいけません。

バックテストよりも勝率、獲得pipsが少ない。使い続けて良いものかどうか。まだ、挽回できるかもしれないと継続したものの、気がつけばさらに損失が広がり、リカバリーが難しい状態に……。

そうならないためにも、利益面だけに注目するのではなく、リスク面にも注目する必要があります。リスクとリターンのバランスが良い、安定したパフォーマンスのプログラムを選ぶことが重要なのかなと。

安定したプログラムを選ぶ時に重視したいのが「最大ドローダウン」です。「最大ドローダウン」とは、直近のピークからの下落幅。

例えば、あるFX売買プログラムでドル円を運用していたとします。順調に30円幅の利益が出たものの、そこから一旦±0に。そして再び利益を出しはじめ、年間の利幅は50円でした。

この場合の最大ドローダウンは-30円となります。最大ドローダウンは証拠金やパーセンテージで表示されることもあります。

ピークの下落がどこで現れるかわからない

上の例で考えると、1番利益が減っても±0で最終的に年間利益50円だから何も問題ないと思うかもしれません。でも、波まで同じになるとは限らないのです。つまり、出だしからいきなり30円幅の損失が出る可能性があります。単純に30万円で1万ドルの運用をしたとしてもロスカットに・・・。

「最大ドローダウン」を考えて売買プログラムを選ばないと、こういった失敗をしてしまうかもしれません。ですから、「最大ドローダウン」はプログラム選びに重要なのです。

数字が絶対ということはもちろんありませんが、運用資金をどのぐらいでしたらいいのか、取引量をどのぐらいにすればいいか、そういった目安にもなる「最大ドローダウン」は重視したほうがいいですね。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー