国内で利用できるFX自動売買ソフト

FXの世界では、相変わらず自動売買が盛り上がっていますね。

知識や経験の少ない初心者でも利益を上げやすい、自動でトレードするので時間をあまりとれない人でも取り組みやすいというメリットが、大きくクローズアップされているからでしょう。

そんな自動売買ですが、現在、国内のFX業者で利用できる自動売買ソフトは大きく2タイプあります。

「MT4(メタトレーダー4)」タイプ

1つはロシアのソフトウェア開発会社が作ったMT4(メタトレーダー4)。ソフト自体は自動売買ツールではなく、取引ツールになります。

取引ツールに自動売買機能が付属しています。EAと呼ばれるプログラムを組み入れて利用することで、自動売買が可能。

セントラル短資FX「クイックチャート・トレードプラス」搭載の自動売買機能は、自分でプログラムを組み立てるので、同じタイプと言えます。

「ミラートレーダー」タイプ

もう1つは、イスラエルのソフトウエア会社が開発したミラートレーダー。MT4とは逆で、自動売買ツールに手動注文機能が付随している形です。

自動売買に特化したソフトウェアなので、初心者でも簡単に操作しやすい作りになっています。

セントラルミラートレーダーシストレ24など、ミラートレーダーは多くのFX業者が採用しています。

ミラートレーダー以外では、ひまわり証券のエコトレFXなんかも、同じタイプの自動売買ソフトですね。

はじめは特化した自動売買ソフトのほうが良い

初心者は、どちらのタイプの自動売買ソフトを選べば良いのでしょうか?

MT4はFX業者や一部のサイトでEAを配布しています。ミラートレーダーのプログラムのようにみんなが使っているものではなく、一部の人しか使っていないということで、つい使いたくなるかもしれません。

でも、まずはミラートレーダータイプの自動売買ソフトを使ったほうが良いでしょう。

操作性が簡単で、基本はプログラムを選ぶだけと取り組みやすいですし、選んだプログラムがイマイチな場合に他のプログラムも豊富に提供されているので。

何もMT4がダメだとは言いません。でも、ミラートレーダータイプで経験を積み、自分でロジックを組み立てることができたり、稼働プログラムの検証がきちんとおこなえるようになってから、MT4タイプのソフトを利用することをおすすめします。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー