自動売買は複数ストラテジーでポートフォリオを組んだほうが良い

みんな利益を上げてるっぽいから自動売買を始めてみたけど、全然勝てない……。

売買ストラテジーの選び方に原因があるのかもしれないし、ストラテジーを続けるかやめるかの判断に原因があるのかもしれません。

どちらが原因であっても、ポートフォリオを組むことで、利益が出るようになる可能性があります。

売買ストラテジーには得意・不得意な相場がある

ストラテジーには、得意な相場、不得意な相場があります。トレンド相場が得意だとか、ボックス相場が得意だとか。中にはオールマイティーなストラテジーもありますが、リターンも小さかったりしますよね。

現状の相場環境に合わないストラテジーで運用していると、負けが続きます。

そうすると、資金的に継続できなくなったり、精神的に使い続けられなくなったり・・・。継続するかの判断を冷静にできずに、一番悪い状況でトレードを中断、終了することになります。

この状況については、複数のストラテジーで運用することで回避することは可能

タイプの違うストラテジーでポートフォリオを組む

自動売買のストラテジーは短期売買型のものが多いです。

メンタル、裁量を排除しているので、苦手な相場環境でも淡々とトレードを続ける。結果、波が荒くなる傾向があります。

腰を落ち着けて運用するためには、その波をできる限り緩やかにしたい。そのためには、タイプの違うストラテジーを組み合わせれば良いです。

以下のように、同タイプのストラテジーを組み合わせても意味がありません。より波が荒くなってしまいますからね・・・

同タイプのストラテジーを組み合わせた損益曲線

異なるタイプのストラテジーでポートフォリオを組むと、一方が損失を出し続けていても他が利益を出して補うことで、緩やかな損益曲線を描くようになります。

異なるタイプのストラテジーを組み合わせた損益曲線

「同じタイプか違うタイプかわからない」という人は、損益曲線を見て判断すれば良いと思います。

ちなみに、上の画像はセントラル短資FXのシストレ広場のもの。条件設定をするのであればミラートレーダーの機能を使ったほうが良いですが、損益上位といったストラテジーを探すのであれば見やすいので便利です。

1,000通貨単位で取引できる自動売買

ポートフォリオを組み必要性はわかったけど、複数ストラテジーで運用するほど資金に余裕がないという人がいるかと思います。

例えば、上記画像を見てもらうと証拠金レベルが約100万円。シストレ広場の証拠金レベルは、1万通貨単位で
「必要証拠金×最大ポジション数+(最大ドローダウン+最大評価損)」。
つまり、MAXの状態で最低必要な証拠金となるので、実際にはプラスアルファの証拠金が必要になります。

そういう人は1,000通貨単位で運用できる自動売買サービスを利用しましょう

1,000通貨単位だと上記金額の10分の1になるので、余裕をみても15-20万円あれば運用できますね。

ミラートレーダーであれば、セントラル短資FXインヴァスト証券が1,000通貨単位で取引できます。どちらも専用の情報サイトがあるので、初心者の方も始めやすいのではないでしょうか。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー