自動売買で押さえるべきは自動化できない部分

自動売買システムは、ストラテジーを選びさえすれば、システムが24時間自動で取引をしてくれます。

寝ている間でも取引が行われるので時間効率が良いですし、プロのロジックを簡単に再現できるので、自動売買を始めるFX初心者も増えているようです。

確かに、自動売買は上手くいけば、分析手法を全く知らない初心者でも利益を上げれます。実際にそういう人も多いでしょう。でも、継続的に自動売買で利益を上げるためには、自分で学んでおかなければいけない部分もあります。

自動売買システムは、全てを自動化できるわけではありません。自動化できない部分については、自分自身の知識として、しっかり身につけておく。それが重要だと考えます。

自動化できない部分とは、「プログラム選び」「資金管理」です。

インヴァスト証券の『シストレ24』で、継続的に利益を出していて、75%の人が利用していた人気のストラテジー「Maloma(USD/CHF)」でも2月の成績は芳しくありませんでした。

でも、6ヶ月、1年で見ると利益を出しているので、これだけで使えないストラテジーとは言えません。単月で損失を出すことは普通に考えられるので、それを前提にストラテジーを選ぶ。もしくは、補えるようなストラテジーを併用する。そういう考え方が必要だと思います。

また、ロスカットにならないように、ストラテジーの保有ポジション数、最大ドローダウンと、資金とのバランスも自分で考えなければいけません。複数のストラテジーを併用するは特に。

これらは、何も自動売買に限りません。通常のFX取引でも上手く運用するために必要な知識です。

ですから、自動売買で上手く利益を出せないという人は、自動売買システムのデモトレードではなく、「プログラム(取引手法)選び」「資金管理」を意識して、通常のデモトレードを試してみると良いと思います。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー