無料で使えるFX売買シグナル

口座開設者向けに、無料の売買シグナルを提供するFX業者がいくつかあります。

今はシステムトレード=自動売買みたいな感じになっています。
でも、売買シグナルもシステムトレードの1つ。FXの分析手法を学ぶのに持ってこいなので、活用すると良いと思います。

FX売買シグナルで人気のツールは以下の2つです。

FXプライム byGMO「ぱっと見テクニカル」

ぱっと見テクニカルで面倒なテクニカル分析が一発でわかる!

FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」は、過去のチャートから現在のチャートと形状が似ているものを抽出し、今後の値動きを予想するチャート形状分析という分析手法になります。

チャート形状分析はプロも使う手法なのですが、これがツールでリアルタイムに、そして簡単におこなうことができます。

画面

「ぱっと見テクニカル」の画面1

上が現在のチャートで、下が似ている過去のチャートになります。

【詳細設定】

「ぱっと見テクニカル」の画面2

抽出する精度を詳細設定で調整することが可能です。

  • スムース強度
    抽出する際に、どの程度大まかにデータを検索するか。100%に近いほど、滑らかな曲線になります。
  • 近似検索対象期間
    表示するチャートの期間(ロウソク足の本数)です。
  • サンプル本数
    過去のデータを検索するときの比較対象にする本数です。
  • 予測本数
    将来の値動きの予測をロウソク足何本分おこなうかということです。

【ハイスピード注文機能】

「ぱっと見テクニカル」の画面3

「ぱっと見テクニカル」の画面上から、ハイスピード注文機能を起動できます。

チャート形状分析は、明確なシグナルが発生するわけではないので、すぐに注文しないといけないケースはあまりありません。
ただ、すぐに注文できる状態になっているのは良いですね。

スマホやタブレットでも使える

基本、こういった分析ツールはPCだけしか使えないものが多いですが、FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」はスマホやタブレットでも利用できます

もちろん、普通のチャートもあわせて使えることができるので、分析の補助ツールとして活用できますね。

使ったことのない人は、ぜひ一度試してみてください。iPadアプリ「PRIMEアプリS」は使いやすくて、良い感じですよ!

参考エントリー:FXプライム byGMOのiPadアプリ『PRIMEアプリS』が使いやすかった

マネーパートナーズの売買シグナル『かんたんトレナビ』

かんたんトレナビは文字どおり使い方が簡単なので、シストレ初心者向けの売買シグナルツールだと言えます。

かんたんトレナビ

詳細のバックテストデータを見ることはできませんが、チャートにシグナルと損益グラフを表示できるので、その売買シグナルの損益状況は視覚で確認可能です。

スマホやタブレットでも利用できる

取引システムやアプリ内で使うのではなく、ブラウザで表示するので、iPhone、Androidなどスマートフォン、iPadなどタブレットでも利用できます

「かんたんトレナビ」スマホ画面

複雑な操作が必要なツールではないので、ちょっとした時にスマホなんかでパッと見ることができるのは便利ですよ。

100通貨単位のトレード口座「FXnano」でも使えます

マネーパートナーズ100通貨単位で取引ができる「FXnano」でも、かんたんトレナビを使うことが可能です。

「FXnano」は米ドル円スプレッド0.3銭、ユーロ円0.7銭、豪ドル円0.9銭と、何気にハイスペックな口座になっています。

FX初心者の方は、マネーパートナーズのかんたんトレナビでテクニカル分析の勉強をしながら、少額で実戦経験をつめるのでおすすめです。

マネーパートナーズの公式サイトはこちら

トレードは自動売買、勉強は売買シグナル

売買シグナルを提供しているFX業者は、以前より減りましたね。現在は自動売買システムリピート系発注機能のほうが人気のようです。

売買シグナルは配信を受けてから自分で注文を入れるので、どうしてもタイムラグが発生してしまいます。トレードに使うのであれば、シグナル発生から注文までのタイムラグのない自動売買のほうがたしかに良いんですよね。

自動売買のほうがトレードで有用であれば、売買シグナルを使う必要はないと思うかもしれません。売買シグナルにはメリットがないのかというと……、学習用に使えるメリットがあります。

自動売買とか売買シグナルはいつ使えなくなるかわからないというリスクがあります。売買シグナルでいうとセントラル短資FXが「FXライブ!」内で提供していたシグナルマップの提供をやめました。自動売買は、多くがミラートレーダーを採用しているのでシステム自体が使えなくなるということはなさそうですが、使っていたプログラムが使えなくなるリスクはあると思います。

このようなリスクを考えると、ツールにたよらずに自分の分析手法でトレードするスキルも高めておく必要があるんじゃないでしょうか。特に、ここ2、3年でFXをはじめた人は裁量トレードはほぼ経験せずにシストレだけという人も結構いらっしゃるんじゃないかと。

ほとんど裁量トレードを経験していない人にとって、売買シグナルは良い学習ツールになると思います。移動平均線のクロスなどシンプルな手法が多いですが、どういった相場局面で有効かどうかやどういった値動きで損失がでるor利益が出るのかといった確認がバックテストデータを見ればわかりやすいです。

FX比較メニュー

FX業者の評価・評判