セントラル短資FXの評価・評判

セントラル短資FX

セントラル短資FX

セントラル短資FXは、長期信用格付がFX専業で8年連続最上位。信用性の高さは文句なし。
スワップの高い既存のFXダイレクトプラスに加え、自動売買「セントラルミラートレーダー」や低スプレッドの「ウルトラFX」とトレードスタイル、レベルに応じた口座がそろっています。

新規口座開設&取引で5,000円がもらえるキャンペーン実施中。

セントラル短資FXの評判・口コミ

  • スワップ金利は安定して高いですね。
  • トルコリラ円の取引ができる!
  • FXダイレクトプラスはスプレッドがねぇ・・・
  • 取引システムはシンプルだから、使いやすいと思います。
  • 「FXライブ!」の売買シグナルがなくなったのは残念。
  • ウルトラFXはスプレッドが狭い。特に、ドルメジャーが良い感じです。

セントラル短資FXの特徴

セントラル短資FXの特徴として、信用性の高さが挙げられます。
FX専業最上位の第三者機関格付と創業100年以上の短資グループですし。

FXダイレクトプラスのスプレッドは広い。他社と比べて大きなデメリットになります。でも、2014年からNDD方式の低スプレッド口座「ウルトラFX」がスタート。インターバンク直結でスプレッドが逆転することもあり、アクティブトレーダーに人気です。

評価

セントラル短資FXは順調に顧客が増えていて、15万口座&預りが630億円です。ラインナップを充実させたことも要因なのかなと思います。

短期売買用、中長期用、シストレ用と口座を上手に使い分ければ良いFX業者だと思いますが、それぞれの口座を単体では使いづらいところも。万人に合う口座とは言えませんね。例えば、少額投資の人には向かないです。
そういう点から、セントラル短資FXは星3つ半としました。

口座開設はこちら

取引画面

セントラル短資FXの「FXダイレクトプラス」のPC取引ツール「クイックチャート・トレードプラス」。チャート表示のカスタマイズ性はあまり高くありませんが、レートとニュース、チャートを同一画面内で見られて使い勝手は良いと思います。

クイックチャート・トレードプラス

【取引画面】
クイックチャート・トレード取引画面1

オールインワン型でレート・チャート・ニュースを同時に一画面内で表示することができます。

クイックチャート・トレード取引画面2

さらに、タブでの切り替えが可能なので、複数チャートやポジション情報、注文画面など、
使う時に簡単に切り替えることができます。

また、クイックチャート・トレードプラスには自動売買機能が付いています。メタトレーダーのようなプログラミングするのではなく、用意されているテクニカル指標の数値、条件を選択していけばオリジナルのストラテジーを作成することができます。

口座開設はこちら

セントラル短資FXの基本スペック

FXダイレクトプラス

手数料
無料
米ドル円スプレッド
1銭
スワップ金利
高い
通貨ペア数
26通貨ペア(南アフリカランド・トルコリラあり)
取引単位
10,000通貨
スマートフォン対応
iPhone、Android(iPadアプリあり
最大レバレッジ
25倍
ロスカット
証拠金維持率が100%を下回った場合
信託保全先
三井住友銀行
クイック入金
楽天銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行、セブン銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行

口座開設はこちら

ウルトラFX

手数料
無料
米ドル円スプレッド
’14年11月平均提示スプレッド0.6銭(変動
スワップ金利
普通(豪ドル円など高金利通貨は高い
通貨ペア数
9通貨ペア
取引単位
10,000通貨(最低50,000通貨)
スマートフォン対応
対応していない
最大レバレッジ
25倍
ロスカット
その建玉の証拠金から評価損を差し引いた金額が証拠金率2.0%の金額を下回った場合
1日に1回の判定で、その建玉の証拠金から評価損を差し引いた金額が証拠金4.0%の金額を下回った場合
取引余力がゼロを下回った場合
信託保全先
三井住友銀行
クイック入金
楽天銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行、セブン銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行

口座開設はこちら

FX比較メニュー

FX業者の評価・評判