2014年9月のスワップ金利調査

不定期になってしまっていますが、2014年9月10日時点のFX各社のスワップ金利を調べました。

各社の差が開きだしたのかなという印象。相変わらずライブスター証券のスワップ金利が高いですが、一時差が縮まっていたのが、開いてきています。

ライブスター証券以外は、低スプレッド業者が上位に来ていますね。SBI FXトレードYJFX!にGMOクリック証券。

同一口座内で短期売買とスワップ運用をするのであれば、ライブスター証券よりもこの3社のほうが使いやすいんじゃないでしょうか。スワップ運用で取引する豪ドル円とNZドル円のスワップ金利は大きな差がないので。

米ドル円はスワップ金利が高くなってきましたが、まだまだスワップ運用するレベルではありませんね。

ユーロ円はマイナススワップの業者が増えています。でも、豪ドル円とNZドル円に関しては、十分収益として考えられますよね。

FX業者のスワップポイント一覧

FX業者名 スコア USD
/JPY
EUR
/JPY
GBP
/JPY
AUD
/JPY
NZD
/JPY
ライブスター証券 203 9 3 30 75 86
SBI FXトレード 181 5 -3 20 71 88
YJFX! 168 3 -3 18 70 80
GMOクリック証券 168 5 -7 15 71 84
FXCMジャパン証券 160 2 -2 21 62 77
外為オンライン 159 4 0 5 75 75
アイネットFX 159 4 0 5 75 75
マネーパートナーズ 152 1 1 20 55 75
ヒロセ通商 149 6 -6 7 85 57
インヴァスト証券 FX24 145 0 0 10 60 75
FXプライム 144 4 -11 11 69 71
DMM FX 143 7 -5 11 75 55
外為ジャパン 143 7 -5 11 75 55
FXブロードネット 139 1 0 5 60 73
JFX 137 4 -16 7 85 57

※1万通貨あたり1日に付与される買いスワップポイント(単位:円)

初心者向けメニュー

FX比較メニュー