【2013年9月】スワップ金利調査 ランド円を除くと見え方が違う

一体いつ以来だろうか……。というぐらい、久々にFX各社のスワップ金利を調べてみました。

トップはライブスター証券。相変わらず業界トップクラスの高スワップ金利を維持していますね。その後に、サイバーエージェントFX、くりっく365と続きます。

くりっく365は10/1から手数料無料で取引できるので、トータルバランスが良い口座になりそうですね。

一覧を見ると、低スプレッド業者は総じてスワップ金利が低いです。ただ、ランド円を除外してメインのクロス円5通貨ペアに絞ってみると、面白い傾向が。

ランド円以外の5通貨ペアの合計値では、ライブスター証券くりっく365、そしてGMOクリック証券が同率首位。

GMOクリック証券は、ランド円のスワップ金利が他に比べて大幅に低いんですが、それ以外のスワップ金利は全体的に高いんですよね。

通貨ペア単体で見ると、通貨ペアによってスワップ金利が高いFX業者は違います。

トレードとスワップ狙いを使い分けている人は、何でスワップ金利を狙うかを決めてから、業者を比較すると良いでしょうね。

業者名 スコア USD
/JPY
EUR
/JPY
GBP
/JPY
AUD
/JPY
NZD
/JPY
ZAR
/JPY
ライブスター証券 271 2 3 18 63 55 130
サイバーエージェントFX 257 2 1 17 63 54 120
くりっく365 248 2 5 23 59 52 107
セントラル短資 234 2 3 19 58 52 100
外為オンライン 230 1 3 15 56 55 100
アイネットFX 230 1 3 15 56 55 100
FXブロードネット 225 1 1 16 57 50 100
FXCMジャパン証券 223 2 -1 15 52 45 110
DMM FX 215 1 1 11 61 41 100
外為ジャパン 215 1 1 11 61 41 100
GMOクリック証券 211 4 2 19 62 54 70
マネーパートナーズ 202 0 0 15 57 50 80
ヒロセ通商 157 0 4 14 45 44 50
※ランド円は10万通貨あたりのスワップ金利 (2013/9/9更新)

初心者向けメニュー

FX比較メニュー