GMOクリック証券『Platinumチャート』の基本操作

GMOクリック証券の『Platinumチャート』は、
移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表、
さらにMACDやRSI、RCI等豊富なテクニカル指標が使えます。
ペンタゴンチャートの表示もできるので、
テクニカル分析をしている人に人気のチャートです。
『Platinumチャート』画面
ただ『Platinumチャート』は機能が充実しているぶん、
基本的な操作がわからないという人もいるようなので、
基本的だけど必ず使うレイアウト操作について紹介します。
以前はチャートとレート画面だけだったのですが、
マーケットニュースも同一画面に追加されたので、
デフォルトの画面は以下のようになっています。
『Platinumチャート』画面
デフォルトだとチャートは1つ。
でも、複数の通貨ペア、時間のチャートを表示する人は多いです。
レイアウトを選ぶのは、
ちょっとわかりづらいですが、上のアイコン左から7番目、
マウスをあわせると「ウィンドウ操作」となるアイコンをクリックして、
表示されるメニューの1番下にある画面分割を選択します。
platinumchart-110826-2.png
そうすると、9種類のレイアウトパターンが表示されるので、
好みのレイアウトを選択すればオッケーです!
『Platinumチャート』画面
レート・ニュースは表示させておいてチャートを3つに増やすことも、
『Platinumチャート』画面
チャートだけ2つ表示することも、
『Platinumチャート』画面
さらに細かく16個のチャートを一度に表示することもできます。
『Platinumチャート』画面
決して操作が難しいということではなく、
最初はわかりづらいだけで、操作方法は簡単なので、
PC初心者の方でも使いやすいチャートツールだと思います。
GMOクリック証券の『Platinumチャート』は、
機能も充実しているのでおススメです。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー