『Platinumチャート』で使いこなしたい便利な機能

クリック証券の『Platinumチャート』は、使えば使うほど、使いやすさを実感します。

実践で便利に使うためにレイアウトを保存する機能は、必ず使いこなせるようにしておいたほうが良いです。

特に複数の通貨ペアで売買している人は、状況に応じて素早く切り替えることで機会損失を減らせると思います。

『Platinumチャート』は複数のチャートを同時に表示可能

例えば、ドル円の日足、1時間足、15分足など複数の時間軸のチャートを、1度に表示させて、長いスパンのチャートでトレンドを確認しながら、短いスパンのチャートでエントリーポイントを探す、というのが、オーソドックスな使い方になるかと思います。

ただ、ドル円以外にポンド円など複数の通貨ペアで取引している場合、同じように考えると1つの画面に5個、10個を表示させないといけないので、大きな画面のPCを使っていない人は見づらくなってしまいます。

複数通貨ペアの売買をする人は、レイアウトを保存すると良いでしょう。

ドル円用、ポンド円用、ユーロ円用、ユーロドル用・・・と、通貨ペア別にレイアウトを用意しておくと、必要に応じてレイアウトを呼び出せば良いだけなので見づらくなりません。

レイアウトを保存する方法は簡単です。保存しておきたい状態にチャート表示をしておいて、画面上部の「画面保存」から「お気に入りに追加」を選択。

platinumchart01.png

覚えやすい名前をつけて保存しておくだけで、次回から「画面保存」の「お気に入り一覧」から選ぶだけです。

platinumchart02.png

例えばこのような小さい画面でたくさんのチャートを表示させておいて、エントリーのチャンスがありそうだなと思ったら、その通貨ペアだけのレイアウトを呼び出して絞ってチェックする。

複数分割したチャート画面で複数通貨ペアの動きをチェック。エントリーのチャンスがありそうだと思ったら

↓ ↓ ↓

お気に入り一覧から特定の通貨ペアだけのレイアウトを呼び出して、個別に分析して、エントリー。

クリック証券の『Platinumチャート』のように、個別にレイアウトを保存する機能がついていないチャートツールだと、同じチャートをひとつずつ通貨ペアや時間軸を切り替えて使わなければいけません。

それに比べると、それぞれの通貨ペアをひとつのレイアウトとして、保存しておいて使うのは、最初に保存する手間があるかもしれませんが、1回保存してしまえば、その後は簡単に呼び出すことができるのでかなり便利。

特に複数通貨ペアで売買している人は、クリック証券の『Platinumチャート』を是非使ってみて欲しいですね。おすすめですよ。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー