IDO証券がダウンロード版取引ツールをリリース

ブラウザ版取引ツールしかなかったIDO証券がダウンロード版取引ツール「IDO-FX」をリリースしました。

IDO証券ダウンロード版取引ツール「IDO-FX」

全体的な色味が違っているぐらいで、システムの基本構成はアイネット証券とほとんど同じ。ということは、自己分析しやすい取引履歴を見ることができますね。

複数のワークスペースを作成して、タブで画面を切り替えることができるので、ノートブックなど画面の小さいパソコンで取引する場合でも、注文用、ニュース用、チャート分析用…と使い分けることで、画面は見やすいと思います。

チャートは複数表示もできますし、レート画面などとあわせて表示することも可能です。

「IDO-FX]チャート画面

テクニカル指標は移動平均線、ボリンジャーバンドなど25種類。

デフォルトで自分が使う数値を設定できるので、独自の数値を使っている人は表示させるのに便利です。

IDO証券証券はドル円スプレッド概ね0.6銭(上限1.0銭)と狭いし、豪ドル円108円などスワップ金利は高く、一芸に秀でているというよりは、バランスの良い高スペックなFX業者と言えます。

また、取引ツール「IDO-FX」では、実効レバレッジや口座維持率も常に表示されていますし、自分の取引を振り返って分析もしやすいので、初心者の方は使いやすいFX業者かもしれませんね。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー