GMOクリック証券とDMM FXを比較するなら

GMOクリック証券とDMM FX

現在の水準のようにスプレッドが狭くなったのは、間違いなくこの2社の競争の結果だといえるんじゃないでしょうか。どちらか一方が縮小すれば、もう一方が追随する形を続けてきましたからね。

「低スプレッドのFX業者が良いからGMOクリック証券とDMM FXに絞ったけど、最終的に2社のどちらで口座開設すれば良いんだろう……」

もし、どちらにしようか悩んでいるのであれば、スプレッド以外で比較すると良いでしょう。

スプレッドと約定力

スプレッド以外で比較したほうが良いんですが、とりあえずスプレッド。というのも、以前はまったく同じスプレッドだったのですが、DMM FXがスプレッドを広げたので若干差が出てきました。

ただ、以下を見てもらえればわかりますが、スプレッドに差はありません。どの通貨ペアでトレードしても、2社に差はありません。

スプレッド USD
/JPY
EUR
/JPY
EUR
/USD
GBP
/JPY
AUD
/JPY
GMOクリック証券 0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
0.5pips
原則固定
1.1銭
原則固定
0.7銭
原則固定
DMM FX 0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
0.5pips
原則固定
1.1銭
原則固定
0.7銭
原則固定

取引コストといえば、スプレッドです。ただ、スリッページも取引コストですよね。ですから、約定力も気にする人は増えてきたんじゃないでしょうか。

約定力は、体感的には似たり寄ったりかなと。どっちが良いかはそれぞれ人の感じ方次第かもしれないですね。成行だけじゃなく指値注文を使うことで、スリッページはある程度回避できますし、比較するポイントとしてはあまり重視しなくても良いんじゃないでしょうか。

スワップ金利

スワップ金利はGMOクリック証券とDMM FXで大きな違いがあります。どっちが勝っているというより、特徴に明確な違いがあります。

最近DMM FXのスワップ金利が高くなってきましたが、GMOクリック証券のスワップ金利のほうが高いです。スワップ運用を考えるのであれば、GMOクリック証券でしょう。

でも、DMM FXはスワップ金利の売り買いが同額。数日から数週間スパンでトレードする人はDMM FXが良いかもしれません。

スワップ金利関係なく、為替差益を狙ってトレードするのであれば、スワップ金利の売り買いの差額はコストになるので、減らせるにこしたことはありませんからね。

取引システム

GMOクリック証券、DMM FXともに、スマートフォン(iPhone、Android)、タブレットで取引可能です。取引できる環境に関しては両者変わらず。

スマホに関して言えば、GMOクリック証券のほうが人気があります。トータルで15万ダウンロードを超えていますし、スピード注文機能は小さい画面だと便利ですからね。

PCの取引システムは、個人的にはGMOクリック証券を推します。特にチャートは断然GMOクリック証券の「Platinumチャート」が良いです。

GMOクリック証券「Platinumチャート」

『Platinumチャート』画面

関連記事:GMOクリック証券『Platinumチャート』の基本操作

DMM FXのチャート

DMM FXのPC版チャート画面

結論:GMOクリック証券とDMM FX、どっちが良い?

スマホでの取引がメインならGMOクリック証券が良いかなと。「スピード注文」機能がかなり便利なので。

PCだとどちらも良いかな。以前ならGMOクリック証券でしたが、DMM FXも提供ツールが増えてきましたからね。

取引システムの使い勝手や体感的な約定力は、実際に2つの口座で試してみるのが一番だと思います。2社の差って、そういう微妙なところかもしれませんね。

DMM FXの公式サイトでさらに見る

初心者向けメニュー

FX比較メニュー