GMOクリック証券は短期売買に適した通貨ペアのスプレッドが狭い

clicksec-120214.png

GMOクリック証券の米ドル円スプレッドは0.4銭原則固定。

昨年末に10通貨ペアのスプレッドを大幅縮小し、さらに米ドル円スプレッドはもう一段階縮小しました。キャンペーンスプレッドではなく、通常スプレッドです。

以前は0.8銭原則固定だったので、米ドル円スプレッドは半分に。ただ、今の為替相場で考えると、あまり動いていない米ドル円よりも、動きのあるユーロ円やポンド円、豪ドル円のスプレッドが狭さが魅力です。ユーロ円は0.9銭原則固定、ポンド円は1.5銭原則固定、豪ドル円は1.4銭原則固定と、すべて業界最安値水準。

ある程度動きのある通貨ペアじゃないと、短期売買は難しいです。1日50銭程度の動きの中で20銭狙うのと、1日1円動きのある中で20銭狙うのであれば、1日1円動いている通貨ペアのほうが利益は狙いやすいはず。

短期売買で頻繁に取引している人は、最近の相場だと動きのあるユーロ円など、米ドル円以外の通貨ペアをメインに取引しているんじゃないでしょうか。そういう人は、低スプレッドの恩恵を十分に享受できますね。

GMOクリック証券の『FXネオ』では現在5,000円キャッシュバックの新規口座開設キャンペーン実施中です。口座開設翌々月末までに100万通貨の取引をすればもらえます。

ハードルが低いキャンペーンではありませんが、低スプレッドで短期売買メインに取引しているのであれば、2ヶ月以上の期間があるので、十分達成できる条件ですね。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー