FX初心者が最初に口座開設するならこの会社がおすすめ

これからトレードをしようと思っている本当のFX初心者にとって、最適なFX業者はどこでしょう?

ある程度トレード経験を積めば、トレードスタイルが確立してきますし、トレードの目的もはっきりしてくるでしょう。そうなれば会社を比較するポイントがわかるので、自分のトレードスタイル、目的に合った業者を見つけるのは難しくありません。

でも、まったくの未経験者がFXをはじめようと思っても、何で比べれば良いのか、どこが良いのかはわからないんじゃないでしょうか。

口座開設で重視したいポイント

初心者がはじめに口座開設するFX業者に必要なサービスを挙げてみます。

  • 取引コストが安い
  • 取引ツールが使いやすい
  • チャートなど分析ツールが充実している

このあたりでしょうかね。
1つずつ説明していきたいと思います。

取引コストが安い

当然ですが、取引にかかるコストは安いほうが良いです。

FXの場合は取引手数料無料が標準化していますので、スプレッドが狭いほど取引コストは安いということになります。

スプレッドはトレードすればするほど差が出てきますし、初心者でも上級者でも関係なく運用成績にダイレクトに影響します。

取引ツール、分析ツールももちろん重要ですが、できるかぎり取引コストが安いFX業者を選ぶことを優先したほうが良いです。

取引ツールが使いやすい

FX業者を選ぶ時に、スプレッドだとかスワップ金利のような直接収益に影響するスペックで選ぶ人が多いです。でも、取引ツールの使い勝手は何気に重要だと思います。

使い方がわからずに発注できずに損失が大きくなったとか、画面の見方がわからずに知らないうちにハイレバレッジになっていてロスカットされたとか。
取引ツールの使い方がわからなかったために損失を出してしまうこともあります。

パソコンに慣れているから大丈夫という人も、使いづらいせいでフラストレーションがたまり、トレードに集中できない……ということもあるので、システムの使いやすさは気にしたほうが良いでしょう。

チャートなど分析ツールが充実している

トレードに必要な情報が充実していることも、初心者には必要なポイントだと思います。

 

リアルタイムのマーケットニュースは、ほとんどの会社で口座開設をすれば無料で使えるので、比べたほうが良いのは、情報ツールではなく分析ツール。

売買シグナルやチャートに表示できるテクニカル指標の種類なんかは各社で違いがあるので、いろいろと見てみると良いですよ。自分の取引手法で使うテクニカル指標を表示できるチャートかどうかは最低限チェックしましょう。

売買シグナルはFXプライムbyGMOの「パッと見テクニカル」やマネーパートナーズの「かんたんトレナビ」なんかが口座を持てば無料で使えます。「かんたんトレナビ」はスマホでも見ることができるのでおすすめです。

参考記事:FX 売買シグナル

初心者におすすめのFX業者

取引コストと取引ツールの使い勝手、分析ツールの3点から考えて、初心者の方におすすめなのはDMM FXです。

低スプレッド業者のイメージが強いですが、ツールがだんだん良くなっています。FX口座国内No.1というのも納得できる会社かと。

DMM FX

DMM FXは米ドル円0.3銭原則固定、ユーロ円0.6銭原則固定など全通貨ペアがトップクラスの低スプレッドです。

取引ツールは高機能なシステムもありますが、初心者向けのシンプルな画面の「SIMPLE TRADE」もあります。

DMM FXのPC版取引画面

チャートは2つ。
シンプルですが最大で20分割して表示できるチャートと、高機能なプレミアチャートがあります。

DMM FXのPC版チャート画面

複数の期間を並べて表示しても良いですし、複数の通貨ペアを一覧でチェックすることもできます。

ニュースに為替相場が反応した時に、どの通貨が買われているか売られているかを判断するのに、複数通貨ペアの一覧表示は便利ですよ。

プレミアチャート
DMM FXのプレミアチャート

表示できるテクニカル指標は全部で29種類。
移動平均線やストキャスティクスのようなオーソドックスなインディケーターだけでなく、スパンモデルやスーパーボリンジャー、GMMAといった指標もあります。

チャートは1画面と4画面、6画面の表示が可能。

公式サイトはこちら

初心者向けメニュー

FX比較メニュー