1000通貨のトレード口座で低スプレッドのFX業者は?

少額資金の場合は、1万通貨単位の口座で最大レバレッジに近い無理な状態でトレードするのではなく、1000通貨で余裕を持って、選択肢がいくつもある状態でトレードしたほうが良いです。

基本的には取引単位の小さな口座のほうが不利なスペックだったりしますが、手数料無料でスプレッドが狭いFX業者もいくつもあります。ということで、1000通貨でトレードできるFX業者のスプレッドを比較してみました。

1万通貨単位の口座のスプレッドは以下のページを見てください。
スプレッド 比較

1000通貨単位でトレードできるFX業者のスプレッド一覧

昔は片道30円(3銭分)の手数料がかかるFX業者が多かったですが、それに比べると今の1000通貨単位の口座はハイスペックになりましたね。

SBI FXトレードマネーパートナーズは、1万通貨単位よりもスプレッドが狭いです。使いやすいかどうかは別としてSBI FXトレードは1通貨からトレードできます。

FX業者名 USD
/JPY
EUR
/JPY
EUR
/USD
GBP
/JPY
AUD
/JPY
SBI FXトレード * 0.27 0.69 0.59 1.19 0.77
外為ジャパン 0.3 0.7 0.6 1.2 1.2
FXブロードネット 0.3 0.8-1.2 0.5-0.9 4.7-4.9 3.6
マネーパートナーズ 0.3 0.7 1.2 0.9
外為オンライン 1 2 1 3 3

(単位:クロス円は銭、ユーロドルはpips)
* SBI FXトレードのスプレッドは、注文数量が「1-10,000」の場合。

取引単位の小さな口座では、積立感覚で少額のスワップ運用をすることもできますが、まだまだスワップ金利が低い中であまり旨みはないのかなと。

少額でトレードできる口座は、スプレッドを重視して短期売買に使うのが良いんじゃないでしょうか。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー