FXでは売りから入ることができる

FXでは上昇局面だけではなく、下落局面でも利益を出すことができます

値下がりでも利益を出せることに「?」と疑問に感じる人は多いです。特に初心者は。私も初めのころはそうでした。

買う場合の正反対と割り切る

値上がりで利益が出るのは簡単です。

100円で買って105円で売って決済する。それで5円の利益です。1万通貨の取引であれば5万円の利益になります。

値下がりの場合は、値上がりで利益が出る場合の正反対。100円で売り、95円で買い戻せば、同じく5円分の利益です。

例えば、100万円の時計があったとして、誰かに100万円で売ります。でもどこかの店で同じ時計が95万円で売っていれば、再び買うことで、同じ時計を持ちながら、5万円の利益が出ています。

この説明をすると、よく質問されるのが
どうしてモノがないのに売ることができるの?

それはFX業者が証拠金を担保にして貸してくれるからです。担保と言うと御幣があるかもしれませんが、考え方は似ています。そして回収リスクがあるので、担保(証拠金)の範囲内の損失までしか出ないように、ロスカットという仕組みがあるんです。

FXは各国の通貨と通貨のやり取りなので混乱するかもしれません。イマイチ腑に落ちないなという人は、売りは買う場合の正反対と、単純に割りきったほうが良いでしょう。

クロス円は売りでスワップ金利を支払う場合が多い

もともと外貨預金との比較でFXを始めた人はもちろん、売りからはじめることに躊躇する人は結構います。

取引の多いクロス円の売りは、スワップ金利を支払わなければいけないからです。状況によって売りでスワップ金利がもらえる場合もありますが、日本の金利が低いので、売りでマイナススワップの通貨ペアがほとんどです。

でも、スワップを支払うのがいやだからという理由で、下落局面だと分析で判断したのにトレードしないのはもったいない……。その場合は、マイナススワップの少ないFXを業者を選ぶと良いです。

おすすめはDMM FXです。

DMM FXはスワップ金利が低くて、売りと買いが同額なので、支払うスワップ金利が他のFX業者よりも少なくてすみます。

クロス円の売りトレードは、スワップ収益ではなく為替差益を狙うので、DMM FXのようなスワップ金利の低いFX業者を使うメリットがあります。しかも、DMM FXは業界上位の低スプレッドですし。

上昇よりも下落のほうが動くスピードが速いので、短時間で大きな利益を得られることも多々あります。

売りはよくわからないから買いしかやったことがないという方も、下落局面では思い切って売りから入ってみるのも如何でしょうか?

初心者向けメニュー

FX比較メニュー