初心者が本番トレード前に準備しておいたほうが良いこと

FXって準備もそこそこに本番トレードをはじめる人が多い印象。
他の金融商品と比べて運用資金の額が少なかったり、
オンラインで手軽にはじめられたりすることが理由かもしれません。
ただ、大なり小なり自己資金で運用するわけですから、
きちんと準備して、本番トレードに臨むべきですね。
あれを準備して、これを準備してと、
最初から完ぺきを目指して慎重に準備して、
なかなか本番トレードに入れないのも問題ですが、
最低限、痛い目にあわないための準備はしておきましょう。

正しい知識を身につける

まずは、FXについての正しい知識を身につけることからはじめます。
「正しい知識って何?」と思うかもしれませんが、
以下の知識は身につけておく必要があります。

  • FX取引の仕組み(レバレッジや注文方法、ロスカット)
  • FXや為替市場のリスク
  • 取引ツールの操作方法

取引の仕組みやリスクを理解することは必須ですね。
その時に、どうしても細かい仕組みを消化できない場合は、
トレードに支障のないように、理解できる形に変形すると良いと思います。
例えば、FXは売りから入ることができますが、
モノがないのに売りからスタートすることが理解できない人がいます。
この場合は、買いからスタートする場合の正反対と考えて、
利益や損失の計算の仕方、指値の注文方法だけは、
きちんと覚えておけば問題ないでしょう。
取引ツールの操作方法も重要です。
デモトレードを提供していないFX業者では仕方ないですが、
デモトレードできる場合は必ず試してください。
実際に本番ではじめた時に困らないように、
成行、指値注文の発注方法や
表示する口座情報やポジション情報の場所や項目なんかは、
あらかじめ知っておく必要があります。

正しい知識を身につける

「すぐに本番トレードをはじめないと機会損失につながる」
そう考える人もいるでしょう。
でも、一時的な利益を得るチャンスに乗っかるのではなく、
きちんと準備期間を経て本番トレードに望まようにしましょう。
FXは資産運用の一手段です。
一時的に大きな利益が出れば良いのではなく、
中長期で安定して利益を積み重ねることが目的になります。
ですから、いかに利益を上げるかということと同様、
いかに負けないか、負け額を少なくできるかが重要。
最初に中途半端な理解のままでトレードをはじめると、
なかなか振り返る機会はありません。
大きな損失を出してしまった時に、ようやく見直す人が多いです。
最初にしっかりと準備をすることで防げる損失もありますから、
手を抜かずに、あせらずに準備に十分な時間を充てましょう。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー