メンタルが強くない人は取引前の準備を万端に

ポジションを持つ前には「自分は大丈夫」と思っていても、実際にポジション保有、含み損が増えてくると、トレード前のように冷静な判断が難しくなります。

FXにかぎらず、投資ではメンタル面が重要。実際にその場面に出くわさないとわからないので、メンタル面を強くきたえるのは難しいですね。相場が逆方向に進み、含み損が増えてくると、あらかじめ設定していた損切りを外してみたり、損切りラインをさらに広げてみたり・・・。もしくは、ナンピンしてみたり・・・。

こういった手段をとることで、プラスに働く場面もあります。でも、損切りをずらす、外すことで損失が大きくなりえますし、ナンピンもそのまま逆方向に相場が進むと、ナンピン前よりもはやいスピードで損失が大きくなるので、リスク管理という点からはとってはいけない手段です。

特にこれらの方法で1回うまくいくと、次からも同じようにします。つまり、どんどんリスク管理がおろそかに・・・。

防ぐには、メンタルの強い人間になるのが1番。でも、これは難しい、私は無理かなと思います。

根本的にメンタルを強くするのではなく、準備をしっかりをすることで、すべて想定内にする。それが有効なんじゃないでしょうか。

あまり考えずに上がりそう、下がりそうで取引すると、想定外の動きや材料が多くなりますよね。そうすると想定外の動きに動揺して、どうにかして損失が出ないように、負けないようにしたい、という考えが強くなってしまうと思います。

しっかりと準備をしていると、含み損が増えても想定内だと動じることはありませんし、準備をしっかりとしているからこそ、想定外の動きになった場合に撤退できると思います。

どういった材料で動いていたのか、これから動きそうな材料、サポート・レジスタンス、他のテクニカル指標など、準備を万端にして取引するようにしましょう。

初心者向けメニュー

FX比較メニュー