東京市場の為替(16/4/6)

米ドル円は昨日の米市場で2014年10月31日以来、約1年半ぶりの110円割れ
109円台は一時的でその後は反発、現在は110円半ばで推移しています。

株式市場が軟調だったため、クロス円も軟調な流れになっていて、そこに日本の追加緩和や介入に関するニュースで上下したという動きでした。
追加緩和観測でクロス円上昇、介入観測後退で下落となり、米ドル円は109.95円まで下げました。

米ドル円は110円を下回ってからじわじわと反発を続けていますが、まだ下方向に動くんじゃないかと思います。

ただ、介入云々の話題が挙がっているので、安全に下抜けで売りより戻り売りのほうが良いかなと。111円台に戻してくればという感じですかね。

本日の主な指標

発表 国名 経済指標名
14:00 2月景気先行指数(速報値)
14:00 2月景気一致指数(速報値)
15:00 2月鉱工業生産
23:00 3月Ivey購買部協会指数
27:00 FOMC議事要旨

初心者向けメニュー

FX比較メニュー