テクニカル指標

移動平均線

2015/10/27

移動平均線は過去の一定期間の平均値を結んだ線のことで、大まかなトレンドを知ることができる定番のテクニカル指標です。 例えば、過去5日間の平均を計算して、それぞれの日で計算した平均値を線でつないでいくと、5日間移動平均線が…

続きを読む

ボリンジャーバンド

2015/10/27

ボリンジャーバンドは、ジョン・ボリンジャーによって考えだされたテクニカルツールです。 移動平均線とその標準偏差や標準偏差の2倍のラインをチャートに描き、価格の転換期を測る指標として使われます。 理論上、標準偏差の範囲内に…

続きを読む

RSI

2015/10/27

RSI(相対力指数)は、オシレーター系のテクニカルツールで、売られ過ぎ買われ過ぎの度合いを測ります。 RSIは0%から100%までの数値で表され、計算方法は単純です。 【計算式】7日間RSIの場合 7日間の上昇幅合計÷(…

続きを読む

ストキャスティクス

2015/10/27

ストキャスティクスは、くオシレーター系のテクニカル指標で、売られすぎ買われすぎの度合いを測ります。RSIと同じで逆張りのテクニカル分析手法として有名です。 ストキャスティクスには、ファースト・ストキャスティクスとラインを…

続きを読む

MACD

2015/10/27

MACD(Moving Average Convergence Divergence)は、トレンド系のテクニカル指標として有名です。日本語では移動平均収束拡散法と呼びます。 MACDとシグナルの2本のラインから成り立って…

続きを読む

ピボット

2015/10/27

ピボットはワイルダーによって考え出されたテクニカル指標。前日の価格を用いて当日のサポートライン、レジスタンスラインを推測する分析方法です。 ピボットの計算方法は単純で、計算式は以下のとおりです。 ピボット=(前日高値+前…

続きを読む

一目均衡表

2015/11/04

一目均衡表は、日本生まれのテクニカル分析法で、一目山人によって考えだされたのでこの名前がつきました。 波動、値幅に加えて時間を重視して分析することが大きな特徴だと言えます。 一目均衡表は5つの線から構成されています。 1…

続きを読む

FX比較メニュー