三尊天井、ヘッドアンドショルダー

三尊天井は、天井形成時に出現する典型的なチャートの形として有名です。

日本では仏像が3体並んでいるように見えることから「三尊天井」と呼ばれ、欧米では人の頭と肩に形に似ていることから「ヘッドアンドショルダー」と呼ばれています。

三尊天井

2つの谷を結んだ線をネックラインと呼び、ネックラインを割ってきたら三尊天井が完成し、相場は下落していきます。3つの山ができた時点では三尊天井が完成したとは見なさないのでその点には注意しましょう。

ネックラインを割って「三尊天井」形成後の下値目標は、最高値からネックラインまでの値幅の2倍となります。

FX比較メニュー